英語学習 よこちゃんワールドについて 記事一覧

【書評】20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

(2010年10月13日 14:27)


久しぶりに、英語学習法関連の本を読んでみました。twitterで著者の方を知り、興味を持って購入してみた本です。いやーtwitter経緯で人を知って、それから書籍購入に至るなんて以前では考えられなかったですね。前代未聞ですよ、私の中で。

<概要>
 Amazon.co.jpより引用
iPhone、Kindle、Audio Book、Twitter、Lang-8、レアジョブ、PASORAMAといった 最先端の電子機器やWeb Serviceを英語学習に活用! 帰国子女でもない日本人がTOEIC860点を取得し、 英語で「聞く」「話す」「書く」ことができるようになる方法を紹介。 この本に書かれた方法を実践することで身につけられる英語力は以下の通りです。

1 TOEIC試験で860点以上を取得してA levelに到達する。
2「読む」「聞く」という受身な英語だけではなく、自分から英語を発信すること、すなわち「話す」「書く」がちゃんとできるようになる。
3 Native English Speakerたちと英語で意思疎通できるようになる。



共感できる・役に立ったと思った3点

まあ、若干共感できない点はあったにしても、それはどんな本を読んでもある事。なのでそれは置いといて・・・

「共感できる。役に立ったな。」
と思うのは主に以下の3点。

①最新のウェブサービス、ITツールとその使い方が分かる
②実践で使える英語の学習法がわかる
③実際に行動を起こすトリガーとなる



まあ、③以外ばっちり概要通りの所なのですがね。
順番に以下で理由を説明します。


その① 最新のウェブサービス、ITツールとその使い方が分かる

ここまで色んなサービスを惜しみなく紹介している本はなかなか無いなーと感じました。概要にもあるように、iPhone、Kindle、Audio Book、Twitter、Lang-8、レアジョブ、PASORAMAといった最新のサービスが紹介されています。


その中でも私が特に良いと感じたのは、PASORAMAですね。読んだときに
凄い!これは使いたい!
と思いましたね。PCと辞書を連結して検索効率を上げるなんて素晴らしすぎます。詳しく知りたい人はgoogleででも調べてみてください。


PASORAMA以外のサービスも、英語学習者なら
「知らないと損」
と言えるくらいのサービスです。こういうツールがいっぱい紹介されている点、良いと思います。


本書の中では、Audio bookでの学習手順や、lang-8の活用方法等も載っています。実際にサービスを使いこなしていく上で非常に参考になります。


その② 実践で使える英語の学習法がわかる

これを知る事ができるのは大きいと思います。


実は、私はちょろっと短期でフィリピンとかニュージーランドに留学したことがあります。そこで一番感じたのが、日本人の英語運用能力の低さです。日本人は文法やリーディングのクラスでは比較的上位のクラスに位置します。しかし、話すとなると全くなのです。


原因は、学校教育かもしれません。国民性かもしれません。正直はっきりとは私にはわかりません。


運用能力は学習方法で改善される

でも1つ言えるのは、
学習方法で運用能力は改善される
という事です。

私は、今までシャドーイングという勉強法を中心に勉強してきました。これは聞いた音をそのままリピートして口に出すという勉強法です。何回も繰り返し行う事で、スピーキングの基礎を構築することができます。


この方法で学習を行っていたおかげで、私は他の日本人と比較するとまだコミュニケーションは取れていたと思います。ましだったと思います。高校時代に、
英語のテストで赤点
をとり、出された夏休み課題を丸写しして怒られていた私がです。


結局運用能力を上げるのは、どんな風にに勉強したかなんだと思います。やり方なんだと思います。


この本で紹介されている英語学習方法に、私は非常に共感できます。特にテストだけじゃなくて、運用能力を上げたい人には読んでほしいです。


よかった点その③ 実際に行動を起こすトリガーとなる

なんかですね、この本を読むとやる気がでます。笑
実際、私は読んだ直後にlang-8で英文記事を4つ一気に書きました。笑
今までアカウントだけ作って、長らく放置していた私がです。


きっと本のいたるところで、著者のHiroyuki Hal Shibataさんの熱い思いが伝わってくるからだと思います。

結局なんでもやらないと出来るようにはならないんですよね。英語に限らずどんなことでも。100時間勉強して、やり方が悪かった為に10時間分くらいの効果しかあがらなかったとしても、何もやらない人よりは10時間も多く勉強している訳です。


とにかく「やらないと始まらない」という訳です。


この本は、
「なんか、最近英語学習だらけちゃってるなー。」
「やらなあかんねやけど、やる気でんわー。」

そんな人の、やる気を復活させる起爆剤になってくれることでしょう。
そう、私のように!


ちなみに私はこれからLang-8だけではなく、
・Audio Book

の本格活用もはじめようと思っています。
今やっているTOEIC900のテスト対策と並行して、これらもやれば目標のTOEIC900も自然と超え、なおかつより実践で使える英語力がつくかなと考えています。


【まとめ】20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

<共感できる・役に立つ所>

①最新のウェブサービス、ITツールとその使い方
②実践で使える英語の学習法
③実際に行動を起こすトリガーとなる所


<私がおすすめする読者層>

①英語やらなあかんけど、やる気無くしている人。
②最新のツールを使いこなしこなして学習したい人
③運用能力もつくような学習法を知りたい人


興味のある方は是非読んでほしいと思います。




あ、そうそう。
マインドマップも書いたのでついでに載せておきます。
(クリックすると拡大されます)


<こっそり編集後記>
こんなに熱く書いたら、私も結果を出さないと立場が無いな。よし、頑張ろうっと!



この記事と同カテゴリーに属する記事

  1. 犬も歩けば英語にあたるの感想・書評
  2. ピーター流外国語習得術【書評】
  3. ニュージーランドで見つけたかっこいい「芝生カー」
  4. まこと学ぶ英語の本

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【書評】20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://toeic-takoyo.com/mtos/mt-tb.cgi/124

コメントをどうぞ







画像の中に見える文字を入力してください。

英会話&英語学習