シャドーイングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



私のもっともお気に入りの英語学習法1つです。音読と共に、よく利用しました。


シャドーイングとは?

聞き取った英語に対し、自分も声を出し、影のようについていく学習法のことです。聞き取ったものをその場でオウム返しするイメージです。以下のような感じです。

音声 Do you know the boy running in the park?
自分     Do you know the boy running in the park?

このように、聞き取った英語音声のすぐ後を、自分も発音して続いていくという勉強法を「シャドーイング」といいます。


シャドーイングを行うメリット

シャドーイングを行うメリットは、主に以下の感じになると私は思っています。

・リスニング力の上昇。
・暗記効率の上昇
・常に発音の練習になる。


リスニング力の上昇について

シャドーイングというのは、ひたすら英語音声の真似をして自分も発音する学習方法です。真似して発音する為には、まずしっかりと聞く必要があります。そこでまず、リスニング力が鍛えられます。また、細かい所まで意識し、自分も発音出来るようにする事で、英語のイントネーションやリズムも身につけることができます。


暗記効率の上昇について

文章ごと丸暗記しようとする場合、手で書き写したりしていると時間もかかるしあまり効率的とは言えません。そこで、シャドーイングを行います。声を出して覚えると、普通に覚えるよりも早く覚えられると思います。


常に発音の練習になる

シャドーイングを用いて単語や例文の暗記をすると、語彙力を伸ばせるだけでなく、その過程で発音の練習もしている事になります。ですので、今後英語力が伸び、実践的な英会話の学習に移ろうと思った際にスムーズに移れます。


恐らく、同じTOEIC800点の人でも、シャドーイングをメインでやってきた人と、ただのリスニング学習をメインにしてきた人では、会話力のベースが違います。英会話力は、「①相手の言った事を聞き取る力」と「②頭の中で文章を組み立てる力(もしくは反射的に暗記しておいたフレーズ思い出す力)」と「③実際にスムーズに発声する力」の3つに分解できると思いますが、③に関してはシャドーイングや 音読をメインに学習してきた人に大きなアドバンテージがあると思います。


このアドバンテージは大きいと思います。実際、私は最高点がTOEIC840の時にニュージーランドとフィリピンへ短期留学しました。留学先には、私と同じくらいのTOEICスコアを持った人も何人かいました。しかし、その人達はあまりにも会話に難がありました。私の会話力も大した事無いのですが、そんな私以上に喋るのに苦労しているようでした。結局、最終的に会話力も欲しいなら、シャドーイングや音読をメインに学習するのが私のオススメです。


まとめ

シャドーイングはリスニング力も上昇。暗記効率もアップ。英会話力ベースも作れる。だからおすすめです。ただ実際にシャドーイングを行ってみると分かるのですが、はじめは口がまわりません。もどかしい気持ちになります。しかし、練習を続けるうちに、どんどん口が回るようになります。挫折しないで、頑張るとよいと思います。


シャドーイングに関する外部サイトの記事

合わせて読んでおくと、理解が深まると思います。
英語教育エッセイ:シャドーイングは万能薬なのか
シャドーイングの方法 ★多聴多読マガジン★


シャドーイング応用編

特定の場面では、スクリプトをみながら行ってもかまわないと思います。例えばDUO3.0等を使い、例文から単語を覚えようとしている時は、見ながら行ってもかまいません。実際、私はTOEIC600を取得した勉強法でも書いている通り、文章を見ながらのシャドーイングも行いました。(イメージとしては、ガイド音声付き音読みたいな感じになる。)

特に初心者の方は、テキストを見ながらでないと難しいと思います。まずは見ながらやると良いと思います。


シャドーイングをする際の注意点

①発音の基本を勉強してから行う事
②英語音声のイントネーションや発音をしっかり真似すること

以上です。これが本当に大事です。


①発音の基本を勉強してから行う事について

「ただ真似して発音していけば良いのだから、発音とかどうでもよいのじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。しかし、私はそうは思いません。なぜなら、真似だけで正しい発音を行うには限界があるからです。

赤ちゃんのように聞いて聞いて聞きまくって真似すれば良いみたいな考え方もありますが、大人になってからではもうそんな能力は無いというのが私の考えです。1つ1つの発音記号に対する発音の方法を学んでから、シャドーイングしていった方が効果的であると思っています。

発音を学ぶ前にシャドーイングをしても、変な発音の癖等が身についてしまいます。これは、良くないと思います。まず先に発音を身につけた方が良いと思います。


発音を身につける為のおすすめ教材は?

UDA式30音トレーニングDVDがおすすめです。おすすめする理由は単純で、「実際に私も使って、良いと思ったから」です。独学で発音を学びたい人には、わかりやすいし非常に良いと思います。

参照:UDA式30音トレーニングDVD


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

▼同じカテゴリ内の記事



SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す