中学3年間の英語を10時間で復習する本の評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「英文法が苦手なんだけど、どれで学習したら良いかな?」と友人に聞かれた時に「基礎からの英語学習」と共におすすめしている書籍です。




中学3年間の英語を10時間で復習する本とは?

名前のまんまのコンセプトで書かれた本。中学英語の文法の基礎を「動詞」「時制」「助動詞(命令文)」等、10の単元に分け、各単元を1時間で学べるように構成されています。カラフルで見やすいです。


中学3年間の英語を10時間で復習する本の評価

英文法を1から学び直したい方には、非常におすすめです。私が中学生の時にこの本に出会っていれば、授業についていけなくなることは無かったのかもしれないなーと思う本です。マンツーマンの講義会話形式で進んでいきます。「英文法が大の苦手」というような、かつての私の様な人でも「すっと」入って行ける様に工夫されています。


基礎からの英語学習との違いは?

「中学3年間の英語を10時間で復習する本」は、名前の通り「中学英語レベル」を扱った本です。中身はカラフル(色付き)です。CD付きです。

「基礎からの英語学習」は、それよりも少し発展させた感じです。「中学高校英語レベル」というイメージです。CDは付いていません。


どっちを選べば良い?

私は「中学英語すら怪しい人」には、まずは「中学3年間の英語を10時間で復習する本」をおすすめしています。

中学英語程度の英文法は大丈夫であるとは思う。でも、高校レベルとなると微妙。英文法にはあまり自信が無い。このような人は、「基礎からの英語学習」でOKだと思います。


中学3年間の英語を10時間で復習する本をチェック



SNSでもご購読できます。

コメントを残す