TOEFL(CBT)リーディング対策勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

cbt-r2


TOEFL(CBT)のリーディングセクションのスコアを16点から23点にアップした勉強法を紹介します。


TOEFL(CBT)スコア推移

・2006年5月 167(L14:S20:R16:E4.0)
・2006年9月 200(L17:S20:R23:E4.0)

期間:約4ヶ月


はじめに

2006年3月のTOEICで590点を取得。その後、海外の大学へ留学する為にTOEFL(当時はCBT形式だった)の勉強を開始しました。3月から5月の間は、TOEFLとはいったいどのようなテストなのか?という事を調べたり、TOEFL対策用教材を使って勉強しました。その間どのように学習していたのかは、申し訳無いのですが記憶に残っていません。ただ、1回目受験から2回目受験の間に行なっていた勉強に関しては覚えています。それについてここでは書きます。


TOEFL(CBT)リーディング対策勉強法

使用した書籍・教材

・TOEFLテストパーフェクトリーディング(Amazon.co.jpへ)(楽天へ


勉強内容

特別変わったやり方をしたわけではなく、普通に勉強していました。気をつけていたのは、下記の4点です。


・1回目は、時間を測って解く。
・本文中のわからなかった単語、熟語をしっかり覚える。
・全文をしっかり理解する。
・本文の黙読、音読を繰り返す。


本文の音読を何回も何回もやりこんだ後は、一歩上のレベルを目指し「英文を早く読む練習」をしました。「これはスピード違反では?」という様な勢いで目を動かしました。なおかつ、ちゃんと理解できるように頑張ってみました。既に何度も音読を繰り返している文章です。自分の中に落とし込んでいる文章です。慣れるとスピーディーに読めるようになってきます。


結果

・2006年5月 167(L14:S20:R16:E4.0)
・2006年9月 200(L17:S20:R23:E4.0)

約4ヶ月で7点アップしました。他のセクションと比べ、かなり伸びたと言えると思います。


考察(思った事)

まあ、良いのではないかな

4ヶ月で7点の伸びは素晴らしいと思います(自画自賛)。音読をたくさん繰り返した事と、スピーディーに読む練習をした事が良かったのかなと思います。もしもう一度勉強するとなったとしても、教材を最新のものに切り替えて、同じような感覚で取り組むと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す