TOEFL(CBT)語彙対策勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

cbt-v2


TOEFL(CBT)語彙対策として行った勉強法を紹介します。


TOEFL(CBT)スコア推移

・2006年5月 167(L14:S20:R16:E4.0)
・2006年9月 200(L17:S20:R23:E4.0)

期間:約4ヶ月


はじめに

2006年3月のTOEICで590点を取得。その後、海外の大学へ留学する為にTOEFL(当時はCBT形式だった)の勉強を開始しました。3月から5月の間は、TOEFLとはいったいどのようなテストなのか?という事を調べたり、TOEFL対策用教材を使って勉強しました。その間どのように学習していたのかは、申し訳無いのですが記憶に残っていません。ただ、1回目受験から2回目受験の間に行なっていた勉強に関しては覚えています。それについてここでは書きます。


TOEFL(CBT)リーディング対策勉強法

使用した書籍・教材

・TOEFLテストパーフェクトボキャブラリー(Amazon.co.jpへ)(楽天へ
・TOEFLテスト英単語3800(Amazonへ)(楽天へ


勉強内容

はじめは「TOEFLテストパーフェクトボキャブラリー」の方を使用していました。しかし、進めていく内にちょっと私には合わないなと感じました。


そこで、TOEFL語彙対策単語集として世間で評判が高かった「TOEFLテスト英単語3800」を購入して学習を続けました。この本では、単語は難易度別に「RANK1~RANK4」の4つのグループに分けて掲載されています。結局私はRANK3の途中まで終えた所で本番を受験する事になりました。


結果

・2006年5月 167(L14:S20:R16:E4.0)
・2006年9月 200(L17:S20:R23:E4.0)


考察(思った事)

ベストだったかは微妙

スコア全体として167→200になったことは良かったと思います。ただ、語彙学習のやり方として「これが正しかったのか」と考えるとちょっと微妙かもしれませんね。もしもう一回TOEFLの勉強をするとしたら、語彙力は単語集で覚えるの得はなく、リーディングセクションやリスニングセクションの対策の中で覚えていくようにすると思います。


こうすれば、単独で語彙学習に時間を割く必要は無くなります。また、文章と一緒に単語を覚えていくことができます。もしもう一回勉強するなら、文脈から単語も学ぶようにすると思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す