英語喉の評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ネイティブは英語を喉で発音している。英語は喉で発音するのだ!」という事が主張されている本。それが「英語喉」です。


英語喉の感想と評価

「ゲップエリア」等、なかなか理解できないような表現が本書中にはでてきて、Amazonのレビューでも「意味不明な用語」と酷評されていたりします。まあ、用語が良くわからんというのは、その通りかもしれません。笑

ただし「英語の発音において、喉が重要である!」という事に気づかせてくれた点において、非常に評価出来る本だと思います。私自身、本書で触れられている「喉発音」「リラックスして発音する事」を中心に取り組んでみましたが、凄くレベルアップできたと思います。喉が重要という事を知れただけで、本書の価値はあると思いました。

英語喉を理解出来る動画

著者が動画をYoutubeに載せているので掲載します。英語喉の概念が良くわかると思います。

もっと色々見たい人はSampa4626 さんのチャンネル – YouTubeをチェックすると良いでしょう。



SNSでもご購読できます。